東洋エンビ株式会社

沿革


昭和27年 滋賀県彦根市にて、資本金1,000万円で、エンビ製バルブメーカーとして設立


昭和36年 大阪営業所を開設


昭和42年 アサヒAVバルブの販売に着手、代理店となる


昭和45年 ポンプ、ファン、タンク等含む、一般配管材料の販売を手掛ける


昭和50年 ダクト及び一般配管工事を手掛ける


昭和56年 大津営業所を開設


昭和62年 セキスイ、エスロンバルブの販売に着手、代理店となる


平成  2年 大阪営業所を大阪支社に昇格


平成13年 製造部門と営業部門を分離、分社化する

       営業部門は大津営業所を併合して大阪支社を本社の昇格

       資本金も2,000万円として新設登記する

       製造部門は彦根工場にて自社製品の製造、販売に専念


平成17年 東京営業所を開設